料理の専門学校で学びおいしい顔作る|フードスペシャリスト養成

料理人

空間演出と食材取り扱い

料理

飲食店ではホールスタッフと料理を調理する人に分かれて業務が行われています。それぞれの技術を磨いたプロフェッショナルが作業を行っているので、お店全体がうまくまわっています。料理はそんな飲食店の中でも根幹を支える分野です。そんな美味しい料理を多くの人に提供するには技術が必要ですが、学校でも技術を学ぶことができるのです。専門学校では食品衛生責任者という資格を取得できるところも多く、将来お店で責任をもって料理を提供できる職に就くことも可能です。調理師免許は調理師専門学校に入学して必要な項目を勉強し、一年の過程を終了し卒業すればそれで調理師の免許を取得出来るのです。どちらでも修行は必要であることには変わりないですので、できるだけ理想とする飲食店を見つけておくことは大事かも知れません。

調理を学ぶ専門学校ではフードコーディネーターの道を取得することもできます。コーディネーターは調理師とは少し異なります。カリキュラムも調理師が二年で週五日の授業となるのが通常であるのに対し、フードコーディネーターは一年生で週三日の授業といった気軽なものです。食を扱う職業はいろいろとありますが、フードコーディネーターは空間全体のことに気を配る職業となります。フードコーディネーターになりたいという人は年々数を増やしており、料理研究家として世間に名を馳せている人もいます。調理師もフードコーディネーターも空間や食材の扱い方に深い知識が必要となる職業なので、できるだけカリキュラムのしっかりした専門学校で学びたいものです。