料理の専門学校で学びおいしい顔作る|フードスペシャリスト養成

料理人

社会に出た時の心構え

料理

料理を提供する仕事である調理師には板前やパティシエといった仕事も含んでいます。要するに調理師は総称なのです。板前になるとふぐ調理師といった専門の資格が必要となることもあります。パティシエはフランス料理の中でも特にデザートの料理を担当する部門です。そのため、通常の仕事よりも特殊となっています。専門学校では全般的に料理を教えるところもあれば、板前やパティシエを専門に教える場所もあるので選択をするときは気をつける必要があります。専門学校ではカリキュラムが進むと半年か一年で細かい分野に分かれるというところもあるので、全般的に勉強をしたい人はそういった専門学校に通うと良いでしょう。将来的にお店をもつことを考えている人は調理師の免許を取得するために専門学校へ通った方が、将来に必要な栄養士や製菓衛生師などの資格を取ることもでき、資格取得の時間短縮となります。

専門学校に通っている間に、いろんな業務について知っておくのも良い方法です。社会に出てギャップを感じるよりは、学校にいる間にいろんなことを経験し、いろんな分野が料理の世界にはあるのだということを理解していると良いからです。料理の専門学校では色んな分野が存在するのでその一端を知ることができます。
専門学校で必要な資格を取得したとしても、お店に入って修行をする時は誰でも下っ端から始めることになります。料理をすぐに手がけられるというわけではないので、これは覚悟しておいた方が良いでしょう。下積み期間も料理のことを調べ、将来のことについて計画をしておくことが大事です。