料理の専門学校で学びおいしい顔作る|フードスペシャリスト養成

料理人

学校だからこそできる

料理

料理の専門学校では通常の飲食店では体験できないようなカリキュラムが組まれています。まずは講師の面々です。通常の飲食店ではシェフや大将といった、一人の人が料理の現場を仕切っています。しかし、専門学校ではいろんなシェフが講師として在籍しているので、いろんなジャンル、そして同じジャンルの中でも細かく異なるやり方を学ぶことができるようになっているのです。
有名なシェフやパティシエを非常勤講師として迎えている専門学校も存在しているので、そういった有名な人を目当てに学校を決めるという人もいるのです。技を極めた人が一人いる料理店で学ぶのも良いことですが、こういった専門学校は個人ではできない幅広い授業計画をしてくれているという魅力があります。

フードスタイリストやコーディネーターといえば個人で活動をしているという人も多いです。しかし、専門学校では個人で行なうような仕事でもカリキュラムを組んでコツを教えてくれるので、闇雲に勉強をしなくても済むのが魅力です。フードスタイリストやコーディネーターは雑誌でその腕前を披露し、新しい料理の形を提案していく仕事です。そのため、雑誌でどのように「見せる」のかというのも大切な仕事となってくるのです。空間演出の技術が必要となるのはこのためです。カメラにどのように移せば良いのか、料理を盛り付ける皿はどのようなものが良いのかといった、一人では分からないことまで丁寧に教えてくれます。